『人狼』はどのようにして生まれたのか?海外の「人狼」の歴史と違いを知る

引用:http://www.ps-hiroshima.com/board/werwolfevondusterwald_e.htm

1食100円生活でも意外と健康的な食生活が送れることに気付いた男、宿見(@yadomin_)です。

 

人狼についての記事書いてたら、どこで人狼が生まれてどういう経緯で日本に来たのか気になったので、分かる範囲で勝手に調べて勝手にまとめました。

ついでにその原点となった『人狼』が日本で流行っている人狼とどう異なるのかも解説します。

 

カードセットの解説に関しては、「人狼のルールを知っている」という前提で解説していきますので、ルールをご存知でない方は先に以下の記事を読んでみると良いでしょう。

猫でもわかる初心者人狼講座「『汝は人狼なりや?』ってなんぞや」
「頭を使えば糖分も消費されるから問題ない」とホームズみたいなことを呟きつつ大して頭を使っていない糖質無制限中の男、宿見(@yadomin_)です。 さて、唐突にはじまりました『猫でもわかるテーブルゲーム』。テーブルゲームに触れたことがない初心者向けに、ルー...

 

人狼の原点と歴史

 

人狼の原点は、1930年頃まで遡ります。

なんでもヨーロッパでプレイされていた伝統的ゲームが元だそうですが、出典が明示されていないので正確な所は分かりません。その伝統的ゲームとやらを元に、1986年、ソビエト連邦にあるモスクワ大学心理学部の「ドミトリー・ダビドフ」氏によってまとめられたものが、現在の人狼の源流となる「Mafia」というゲームになりました。

実はこの「Mafia」の時点で、市民側とマフィア側に分かれて戦う、GM(ゲームマスター)を配備、昼・夜フェイズがある、など、現在の人狼の形に非常に近いゲーム内容となっています。

 

また、さらに

『インターネットが普及したことにより、90年代後半頃より、ネット上でルールがまとめられたり、プレイされたりするようになる。これにより、さらに様々なバリエーションルールが増えた。現在商業出版されているカードセットに含まれている特殊役職の多くは、この頃に考案されたものが多い。』

出典:Wikipedia

占い師、霊能者(霊媒師)、狩人(騎士)などの役職はこの時点でほぼ定着していたんですね。

「Mafia」というからには占い師も霊能者も皆上等なスーツ着て拳銃差してそうなイメージがありますが、マフィアの本場イタリアでの「マフィア」はそんなにきらびやかなもんじゃないらしいですね。

 

▲マフィアのフリー写真を探そうとしたら「フリー素材の彼」ことマフィア梶田氏の写真ばかり出てくるのはなんとかならないんでしょうか。ちなみにおれは梶田さんのファンです。

 

マフィアから人狼へ

そんな人気のマフィアですが、1997年頃に、アメリカのアンドリュー・プロトキンという方がMafiaのゲームのバックグラウンドを狼人間vs人間に置き換えることを思いつきます。

元々、ゲームの雰囲気も合っていたためこれは受け入れられ、従来のMafiaのアレンジとして広まっていきました。

こういった経緯もあり、日本では人狼vs人間の「人狼」が主に遊ばれていますが、海外では現在でもマフィア版と人狼版の双方がプレイされています

 

しかしながら、実はこれまでの「Mafia」及び「人狼」で、商業版のコンポーネントが販売されたことは一度もありませんでした。

プレイヤーは皆、トランプで代用したり、役職カードを自作したりすることでゲームをプレイしていたのが現状です。

 

 

そして2001年、ついに商業版の「人狼」が世に送り出されることとなりました。

以下、『人狼』カードセットの発売の流れを解説しつつ各カードセットの内容を紹介していきます。

 

海外の『人狼』カードセットの解説と役職

海外で生まれ、現在でも日本で入手可能なカードセットは以下の4つです。

本当はもっとあると思うんですが、調査能力が低くて見つけられなかったか海外同人で日本に一切流通していなかったかで現状有名なものは下記に限られます。

 

汝は人狼なりや?(Are You a Werewolf?)

引用:http://www.looneylabs.com/games/werewolf

商業の「人狼」カードセットとしては初めての商品になりますが、このカードセットには

・村人(Villager)
・人狼(Werewolf)
・占い師(Seer)

の三種類しか存在しておらず、非常にシンプルな構成となっています。非常にシンプルで、非常に面白い。何も書くことがありません。

これを皮切りに、海外でもカードセットが販売されることになります。

 

デュスターヴァルトの人狼 (ミラーズホロウの人狼)

先ほど紹介した『Are You a Werewolf?』が販売された事を皮切りに、各社からも商業版のカードセットが販売されるようになります。

そのうちのひとつが、2001年にAsmodée Editionsより販売された『デュスターヴァルトの人狼(ミラーズホロウの人狼)』です。

引用:http://ameblo.jp/mucky-nekomu-ra/entry-12220821858.html

先にゲームタイトルが2つ存在することに関して申し上げておくと、このカードセットには「ドイツ語版」と、ドイツ語版の後に販売された「英語版」の二種類が存在します。

ドイツ語版のタイトルが『Die Werwölfe von Düsterwald (直訳で『暗い森の人狼』)』、

英語版のタイトルが『The werewolves of Millers Hollow (直訳で『ミラーの谷の人狼』)』

となっており、日本語版については存在しません。

なぜ邦題がこのような名称で呼ばれているのかという理由はおれの推測に過ぎませんが、このゲームを最初に輸入した店舗が、ドイツ語版、英語版それぞれを『デュスターヴァルトの人狼』『ミラーズ・ホロウの人狼』と呼んだためだと思われます。

それぞれのゲーム内容に違いはないので、「デュスターヴァルト」「ミラーズホロウ」は同一内容のカードセットであると覚えておきましょう。

 

さて、肝心のセット内容ですが、『デュスターヴァルト/ミラーズホロウの人狼(以下ミラーズホロウ)』には、以下の役職が存在します。

 

デュスターヴァルト/ミラーズホロウの人狼の役職一覧&役職説明

以下は2001年に発売された「基本セット」の役職です。

役職名 能力説明
村人 特筆すべき能力はありません。
人狼 おおかみです。アオーン
予言者 夜に1人占うことが出来るという点では同じですが、このセットのルールでは役職まで確認することが可能です。
狩人 処刑、または殺害で死亡する際に、村の仲間のうち1人を道連れにします。
また、後述のキューピッドの能力によって狩人に恋人がいる際、その恋人が殺された際にも上記能力が発動します。
キューピッド

キューピッドになったプレイヤーは、1日目の夜に2人のプレイヤーを選択します(自分を含んでも可)。

キューピッドに選ばれた2人は恋人同士になり、片方が死ぬともう片方も後を追って死亡することになります。

恋人は互いに投票することが出来ず、また、片方が人狼であってももう片方を殺害することができません。村人、人狼のどちらかの陣営が勝利条件を満たした際、恋人が生き残っていれば勝利します。

魔女  二種類の能力を持っており、ゲーム中にそれぞれ一回ずつ実行することができます(両方同時に使用することも可能です)。
・『蘇生薬』使用した日の夜、人狼に殺された人を蘇生させることができます
・『毒薬』プレイヤーを1人選択し、殺害することができます
少女 夜、人狼が目を開けている間に、密かに薄目を開けて人狼が誰かを知ることが出来ます
その際に人狼に見つかってしまった場合、少女はその夜襲撃されてしまいます。
盗人

この役職を使用する場合、村人カードを2枚追加する必要があります。

盗人になったプレイヤーは、全て配り終えたあとに余った2枚のカードを確認し、自分の役職と交換することが出来ます。
交換した後、盗人はその役職としてプレイします。

確認のみを行い、交換しないことも可能ですが、余ったカードの2枚が両方『人狼』カードだった場合は必ず交換しなければなりません。

この他、2005年に発売された拡張セット『New moon』では「怠け者」「長老」「嫌われ者」「ボディガード」「嘘つき」の5種類が、2012年に発売された拡張セット「Characters」ではここでは書ききれないほど多くの役職が追加されています。

 

デュスターヴァルト/ミラーズホロウの人狼の、日本の人狼との違い

ミラーズホロウの人狼では、『オープンルール』と呼ばれる「死亡したプレイヤーの役職カードを表にして公開しておく」というルールが用いられていました。

また、人狼サイドは「村人」役職を全滅させれば勝利となり、「予言者」「狩人」等の役職の死亡は人狼の勝利条件に関わらないというのも特徴です。

他にも、「予言者」の能力説明欄に記載しましたが、「予言者」が占ったプレイヤーの役職まで知ることが出来るという点も強力で、人狼の役職騙りが困難になっています。

ゲーム終盤は情報が出揃っているため、この『ミラーズホロウ』では、日本の人狼によくある最終日の少人数での殴り合いが起きにくい傾向があるようです。

 

この『ミラーズホロウの人狼』は非常に高い評価を得、2003年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされました。

ドイツ年間ゲーム大賞はボードゲームにおいて最も権威あるありがたい賞です。

ちなみに、この『ミラーズホロウ』をもって「人狼」が商標登録されてしまったわけではなく、人狼は基本的にライセンスフリーです。『ミラーズホロウの人狼』は、初めてのライセンスフリータイトルと呼ばれています。

 

タブラの狼 (Lupus in Tabula)

その後、2003年にイタリアのdaVinci社が『タブラの狼』という人狼カードセットをリリース。

引用:http://sgrk.blog53.fc2.com/?no=1114

日本に普及している「人狼」は、この『タブラの狼』で採用されたゲームルールに即したものとなっています。

役職は今日、日本の人狼でメインとなっているものが全て収録されており、ルールも大きな違いは存在しません。

 

「タブラの狼」は国内版もリリースされており、日本でも入手しやすいカードセットとなっています。

 

タブラの狼 (Lupus in Tabula)の役職一覧&役職説明

以下は2003年に販売された基本セットの役職一覧です。

2011年に販売された拡張セット『人狼の貴婦人の復讐』ではこれに加え新たに10種類が追加されました。

役職名 能力説明
村人 むらびとです。
人狼 おおかみです。アオーーーン
予言者 村人陣営です。毎晩、生存している1人のプレイヤーを指定し、人狼か村人かを占うことができます。
狩人

村人陣営です。毎晩、指定した1人を人狼の襲撃から守ることができ、狩人が守っているプレイヤーを人狼が襲撃した場合、襲撃は失敗します。

ただし、狩人自身は自分を守ることができません。

霊能者 村人陣営です。毎晩、処刑したプレイヤーが、人間だったか人狼だったかを判別できます。
狂人

人狼陣営です。占い、霊能結果では人間と判定されますが、人狼陣営に属します。

ただし、勝利判定時には人間とカウントされます。

疫病神

村人陣営です。夜に指定したプレイヤーを1人呪うことができ、強制的に次の昼の投票の候補者に加えることができます。

プレイヤーの数が20人より多い場合、死の疫病神となり、呪った人を殺害します。

共有者

村人陣営です。2人存在し、お互いが共有者であることを知っています。

他の能力は村人と同一です。

ハムスター変化

第三勢力です。人狼の襲撃では殺害されませんが、予言者に占われると死亡してしまいます。

また、処刑でも通常通り死亡してしまいます。

人狼、村人のどちらかが勝利条件を満たした際、生存していればハムスター変化の勝利となります。

オカルトマニア

2日目の夜にプレイヤー1人を指名します。

その後、オカルトマニアのプレイヤーは指名したプレイヤーが予言者だった場合は予言者に、人狼だった場合は人狼に変化します

それ以外の役職のプレイヤーを指名した場合は村人に変化します。

 

タブラの狼 (Lupus in Tabula)の、日本の人狼との違い

「タブラの狼」のルールが日本で普及していると言うだけあって、大きなルールの差異はありません。

役職もほぼ見慣れたものが多く、非常に遊びやすくなっています。原理主義者の方はこの「タブラの狼」のカードセットを購入して遊んでも良いのではないでしょうか。

 

▼また、「タブラの狼」が全面的に刷新されて日本語化された「タブラの人狼(日本語版)」も販売中。

こちらはジャパニーズもニッコリの出来ですので、非常に遊びやすくなっています。

▼役職解説でチラッと説明した「人狼の貴婦人の復讐」はこちら。

 

究極の人狼 (Ultimate Werewolf)

そして、2007年にはインターネット上でよく遊ばれている特殊役職等を大量に盛り込んだ集大成的カードセット、『究極の人狼 (Ultimate Werewolf)』が、アメリカのBezier Gamesよりリリースされました。

 

引用元:https://boardgamegeek.com/boardgame/38159/ultimate-werewolf-ultimate-edition

 

究極(Ultimate)の名を冠するだけあって、見たことある役職はもちろん、見たこともないものまで非常に多くの役職が盛り込まれた豪華なカードセットとなっています。

その数なんと34種類。どう覚えるんだよといいたくなる数ですが、実に個性豊かでゲームを面白くする役職が多数盛り込まれており、パーティゲームの名に恥じないモノに仕上がっています。

ただ、ゲームバランスは究極の人狼クオリティというか、ガチガチでロジックを詰めて遊びたい方には少々不向きかもしれません。

また、『ミラーズホロウの人狼』と同じく、基本的にオープンルール(死亡したプレイヤーの役職を公開していく)形式が採用されているタイトルです。

 

ちなみに、これまでに拡張セットは5種類販売されています。このセットを盛り込めば更にカオスなゲームが幕を開けます。

・Classic Movie Monsters(クラシックムービーモンスターズ) 2010年

Count Dracula(ドラキュラ)Frankenstein’s Monster(フランケンシュタイン)など6種の役職が追加。

・Night Terrors(ナイトテラーズ) 2011年

Insomniac(不眠症患者)Bogeyman(ブギーマン)Dream Wolf(眠れる狼)など、6種の役職が追加。

Artifacts(アーティファクト)

Urban Legends(アーバンレジェンド)2013年

Bloody Mary(ブラッディ・メアリー)Chupacabra(チュパカブラ)Leprechaun(レプラコーン)など、6種の役職が追加。

Wolfpack(ウルフパック) (2014年)

Dire Wolf(ダイアウルフ)Fang Face(ファングフェイス)Wolverine(ウルヴァリン)など6種の役職が追加。

 

究極の人狼 (Ultimate Werewolf)の役職一覧&役職説明

あまりに多すぎるので割愛しようと思いましたが、頑張って「究極の人狼 第二版」の34種類の役職のみまとめました。

非常に長いので興味の無い方は読み飛ばしてください。

役職名 能力説明
村人 むらびとです。
人狼 おおかみです。アオーーーーーン
ヴァンパイア

「ヴァンパイア陣営」と呼ばれる第三勢力に属します。

夜に指定した1人のプレイヤーを襲撃することができます。襲撃されたプレイヤーは、襲撃直後は生存しますが、翌日に処刑候補者が決定した瞬間に死亡します。

予言者 村人陣営です。特殊なルールや裁定のないただの予言者です。
見習い予言者 村人陣営です。ゲーム開始時は何の能力も持ちませんが、「予言者」が死亡した時、新たな予言者になります。
オーラの読み手

毎晩、プレイヤーを1人指定することができます。

指定したプレイヤーが陣営に属しているかどうか判別できます。

ボディガード

村人陣営です。毎晩、指定した1人を人狼の襲撃から守ることができ、狩人が守っているプレイヤーを人狼が襲撃した場合、襲撃は失敗します。

ただし、狩人自身は自分を守ることができません。

カルトリーダー

第三勢力です。毎晩、生存しているプレイヤーを1人指定します。

指定したプレイヤーにサブ役職「カルト信者」を与えます。

自身が生存した状態で、自分以外の全ての生存者に「カルト信者」を付与するとゲームに勝利します。

キューピッド 「ミラーズホロウの人狼」のキューピッドと同一です。
呪われた者

狼、ヴァンパイアに襲撃されても死亡しません。

狼に襲撃された場合「人狼」に、ヴァンパイアに襲撃された場合「ヴァンパイア」になります。

病人

村人陣営です。生存中は何の能力も持ちません。

「病人」であるプレイヤーを襲撃した陣営は、次の夜に襲撃を実行できなくなります。

ドッペルゲンガー

初日の夜にプレイヤーを1人指定します。

そのプレイヤーが死亡した際、そのプレイヤーが持っていた役職と同じ役職になります。

ゴースト 村人陣営です。初日の夜に死亡しますが、1日につき1単語のみ情報を伝えることができます。
ならず者

初日の夜にプレイヤーを2人選択します。

2名のプレイヤーが死亡した状態で、ゲーム終了時に生存していればその陣営と共に勝利します。

ハンター 村人陣営です。死亡した時、他のプレイヤー誰か1人を道連れにすることができます。
聖職者

村人陣営です。夜間に一度だけ、プレイヤーを1人指定することができます。

指定したプレイヤーは夜に殺害されなくなります

一匹狼

人狼と同様の能力を持ちますが、人狼陣営ではない第三勢力です。

「一匹狼」以外の全ての人狼が死亡した上で人狼としての勝利条件を満たすと勝利します。

狼憑き 村人陣営ですが、占われた際の占い結果は人狼と出ます。
殉教者 村人陣営です。誰かが処刑される時、そのプレイヤーの身代わりとなって処刑されるかどうかを選択できます。
共有者 日本語版の名称は「フリーメイソン」です。能力は通常の共有者と同一です。
市長 村人陣営です。投票が2票分として計算されます。
年老いた魔女

村人陣営です。毎晩、生存者1人を指定することができます。

指定されたプレイヤーは翌朝の議論と投票に参加することができません。また、投票先に選ばれることもありません。

老人

村人陣営です。1+(人狼の生存数)日目に死亡します。

人狼が三人生存している場合、4日目に死亡します。

平和主義者 村人陣営です。処刑投票に必ず反対します。
超常現象研究者

村人陣営です。いずれかの夜に1度だけ、生存者を1人指定することができます。

指定されたプレイヤーと、そのプレイヤーの両隣の合計3人に人狼またはヴァンパイアがいるかどうか分かります。

プリンス 村人陣営です。「プリンス」のプレイヤーが処刑される時、役職カードを公開することで処刑を無効化することができます。
妖術師

人狼陣営に属する村人です。

毎晩生存者を1人選択し、占い師かどうか判別することができます。

呪いをかける者

村人陣営です。毎晩生存者を1人指定することができます。

指定されたプレイヤーは次の日の議論中、話すことができなくなります。(投票には参加することが出来ます)

皮なめし職人  ゲーム終了時に死んでいれば勝者(陣営、一人勝ちした誰か)と一緒に勝ち
タフガイ

狼に襲撃されても次の日は死亡せず、その次の日の夜に死亡します。

タフガイ自身は、狼に襲撃されたかどうか知ることが出来ません。

トラブルメーカー

村人陣営です。いずれかの夜に1度だけ、能力を実行することができます。

次の日の議論終了時、処刑が実行された場合、追加でもう一人処刑投票を行うことが出来ます。

間抜け 処刑投票に必ず賛成します。
魔女

二種類の能力を持っており、2日目の夜以降はゲーム中に、夜それぞれ一回ずつ実行することができます(両方同時に使用することも可能です)。

・能力を使用した日の夜、襲撃を無効化することができます
プレイヤーを1人選択し、殺害することができます

狼の子 人狼陣営です。「狼の子」が死亡した日の夜、人狼陣営は一度に2人襲撃することが出来ます。

 

究極の人狼 (Ultimate Werewolf)の、日本の人狼との違い

強いて言うなら異常なまでの役職の多さですが、先述のとおりオープンルールが採用されている点と、投票方式に違いがあります。

 

議論終了後、一斉に投票先を決定するのではなく、昼の議論中にあるプレイヤーを処刑したいプレイヤーが2名以上居た場合に、そのプレイヤーを処刑するかどうかの投票を行うという形です。

処刑に対し賛成票が多数であれば処刑し、夜行動に移ります。反対票が多ければ議論を再開します。

そして、誰も処刑されないまま制限時間を過ぎた場合、処刑候補者が居れば再び投票を行い、投票が反対多数あるいは処刑候補者が誰も居なければ、処刑をせずに夜に移行するという変わったルールとなっています。

投票にかかわるアクションを持つ役職は、このルールに準じて行動するということになります。

 

この「究極の人狼」の役職は、オンライン人狼のひとつである『月下人狼』で遊んでいる方には馴染みのある役職がわりかし含まれていますので、どちらかでよく遊ぶという方はオンラインまたはオフラインに手を伸ばしてみても良いんじゃないでしょうか。

いずれにせよ、セットとしては非常に膨大な数の役職が揃っていますので、人狼を嗜むなら持っておいて損はないでしょう。

 

▼毛色の違う人狼ゲーム「異端審問」もどうぞ。

 

 

さて、今回は人狼が日本に来るきっかけとなった、海外の人狼を中心にまとめました。

総括すると、日本で流行っているスタンダードな人狼が楽しみたいなら「タブラの狼」、

少々毛色の違うルールで人狼を楽しみたいなら「ミラーズホロウの人狼」、

パーリピーポー達は「究極の人狼」辺りを遊ぶのが良いでしょう。

 

日本ではここから「タブラの狼」のルールをベースに、人狼BBSが始まったり日本で流行ったり色々するわけですが、今回はこのへんで。

日本でリリースされているカードセットに関しては、気が向いたら別の機会にまとめる可能性があります。

 

今回紹介した四種類のカードセットは、日本でも手に入りやすいものになっていますので、人狼でよく遊ぶという方は趣向を変えてこれらのセットに手を出してみても良いでしょう。

以上、オーガニック狂人こと宿見(@yadomin_)がお送りしました。